厄年 財布

厄年,財布,財布購入,買い替え

厄年に財布を購入するのはアリなのか?

 

自分が厄年となると、どこか不安になってしまいますよね?でも、そんな心配はご無用!むしろ不安になる必要なんてありませんよ!

 

なぜなら厄除けの財布を持っていれば、厄年を気にする必要がなくなるから。
厄年だった僕が財布屋といわれる開運財布専門店のおかげで、最悪の状況を抜け出すことができました。

 

 

 


厄年に財布を購入するなら財布屋!

 

厄除けになる財布というのは、なかなか見つけることが難しいですよね。
もし厄年に財布を購入しようと思っている人がいるなら、「財布屋」が探しやすいですよ。

 

ちなみに僕自身、姪っ子にもらった財布を見て知ったのですが、本当にたくさんの開運財布があるので、あちこち探し回らなくてもびびっとくる財布が見つかりますよ。

 

専門店は高価な気がしてしまいますが、白蛇の大きな財布で20,000円ほど。お買い得品で3,000円くらいの財布もあります。
姪っ子からもらった僕の財布は、その中間の10,000円くらいの白い財布です。
意外に安いでしょ?

 

安物だとすぐ壊れないの?と思う人がいるかもしれませんが、それは大丈夫です!
僕の財布は厄年から2年ほどですが、今でも現役!壊れそうな雰囲気はありません。

 

人によったらすぐに送ってほしいから、Amazonなどを選ぶ人がいるかもしれませんが、財布屋はヤマト運輸を使っているので、2日あれば財布が届くとのこと。
梱包もしっかりしていましたから、贈り物としても自分用としても安心して使えるサイトです。

 

 

厄年,財布,財布購入,買い替え


むしろついていないと思うなら変え時

 

僕自身財布を変える前は本当についてなかったのですが、それ以降はなにも悪いことが起こらなくなったんです。

 

今までの人生の中で、年齢に対してとくになにも気にせずに過ごしてきました。
ところが厄年に関していえば、悪いことが起こってしまってから、すごく気にするようになったんです。

 

というのも車が古くなったのをきっかけに、新車に買い替えたんですよ。
そしたらその日のうちに、相手が僕の車に突っ込んできて新車は大破。なんと廃車になってしまいました。

 

さらに事故だけでなく小さいなついていないことが、たくさん起こりました...。
(家電が次々に原因不明の故障を起こす、隣人トラブルに巻き込まれるなど)

 

この事をたまたま家に来ていた姪っ子に話したら、自分が厄年になっていることに気付きました。
つまり厄年の恐ろしさを身をもって知ったわけです。

 

 

そもそも厄年というのは、一生のうちで1番運気が下がってしまう年。
つまり運気がないと自分が気をつけたとしても、ケガや病気になる可能性だってあります。

 

そうなる前に厄除けとして有名な財布を、変えてみるといいらしいんです。
僕はその姪っ子からそのことを教えてもらいました。

 

今から紹介することは、すべて受け売りです(笑)が、すごく納得できたので、覚え書きとして残しておきます。

 

「寅の日」に財布を変えるとさらにいい!

財布を変えようと思ったら吉日といわれていますが、実はさらに運気を上げられるタイミングがあるらしく。

 

それが「寅の日」
よく結婚式をする日として有名な「大安」。それと同じくらい縁起がいい日として知られています。

 

とくに金運がアップする日としても有名なので、財布を変えるならベストタイミング!

 

なぜなら、外に出ていったとしても、元の場所に戻るという寅はおもしろい習性を持っているから。
ということは、寅の日に変えた財布でお金を使ったとしても、獲物を持ち帰る虎のように、たくさん返ってくるというんです!

 

ちなみに「五黄の寅」といわれる年に生まれた人は、最強の運気を持っていると言われています。
そんな人が僕のまわりにたくさんいるのですが、すごくパワフルな性格からか運も強いんです。

 

というのも、少額ですが宝くじに結構頻繁に当たっていて、よくご飯をおごってもらっています。

 

つまりそれくらい寅というのは、運気と関係しているというわけです!

 

使い始めるは「寅の日」の夜がベスト

財布を変える日だけが、運気をアップしてくれるわけではありません。
もっと厄除けとして運気をアップさせたいのであれば、財布を使い始める日も「寅の日」にするといいでしょう。

 

先ほど紹介したように、寅と関係があると宝くじが当たる可能性も高くなるかもしれません。

 

僕が事故にあったあと、厄年の知り合いが新しい財布を、寅の日に使っているのを見たんです。
すると何かいいことがあったのか、厄年だというのに機嫌がいい日が多く、食事に行けばいつもおごってくれて。

 

それとなく探ってみたら、宝くじで大きな額が当たったらしいという話。
本人はうなずきませんでしたが、あの太っ腹なお金の使い方はそうに違いないと思ってます。

厄年,財布,財布購入,買い替え

 


厄年に財布がいい理由

 

そもそもなぜ厄年に財布を変えることが、よしとされているのか疑問ですよね?
僕が今紹介していることが、胡散臭く見えている人もいることでしょう。
だって厄年に財布を変えた僕ですが、さっき言ったようにむしろ事故にあいましたからね…。

 

もちろん厄年のことを気にせずに、財布を変えただけなので論外ですが(笑)
しかし厄年に財布を変えることが本当にいいのでしょうか?

 

厄年に身につけるものとして最適だから

結論から先にいうと、厄年に財布がいいといわれているのは、肌身離さず持っているものとして最適。
つまり厄年に財布を変えることは、効率よく運気アップできるということです!

 

厄年になるといつ何が起こってもおかしくないほど、運気が下がっています。そこで役立つのが財布。
常に持ち歩くことで運気をアップしてくれるわけです。

 

でも僕のように、財布を置き忘れないようにしてくださいね。
そのときに限って事故にあったんです…。常に持ち歩いてくださいね。

 

ついでに金運もアップできるから

厄年に財布がいい理由は他にもあるんです。それは溜めておいて損はない、お金の運である金運を上げてくれるから。
それは厄年の災難は病気やケガだけでなく、金運にも大きな影響が出るんです。

 

たしかに僕自身、財布を持っていなかったことが原因で、新車がなくなりましたからね…。

 

 


厄年に買いたい財布の特徴

 

ただ財布を変えれば、厄年が安心というわけではありません。

 

最初に紹介した財布屋で知ったのですが、運気をあげるにはある特徴をおさえておく必要があります。
これから紹介する特徴の財布に変えてみましょう。

 

僕のように自分の好みで財布を変えないでくださいね(笑)。

 

厄年なら長財布がベスト

財布といっても、さまざまな種類のものが出回っています。
その中でも厄年の財布なら、「長財布」にするべきです。

 

運気をアップするものというのは、条件がほぼ決まっています。
そのひとつが「長いもの」。

 

長いものがなぜ運気を上げてくれるのか?それは長いというのは長寿を意味するから。

 

ちなみに昔は今のように長生きする人は少なかった時代、常に身に着けている長いものといえば着物。
さらに言えば、着物に巻いている帯なのがいい例ですよね?
すごく長いわけです。

 

そういえば、近所の着物をよく着ていたおばあちゃんが、長生きしていました。
もちろん着物だけが理由でないでしょうが、元気の秘訣とおばあちゃんも言っていたので、なにな不思議なパワーが出ていたのでしょう。

 

だからなのか開運財布が集まる財布屋は、ほとんどが長財布なんですよね。
金運アップのためにはお札を折らないほうがいいとも言いますから、その面でも長財布を持ったほうがいいですね。

 

厄年の財布には白がいい

長財布だけでなく厄除けとして強い運気にするなら、財布の色もすごく重要です。

 

占いの中でも有名な風水では、土の色にしてしまえば運気がアップすると言われています。
とくに茶色はお金を貯める気が強いため、厄年に買う財布としては相性抜群。

 

たしかに五黄の寅の知り合いは、茶色の財布を使っていました。
でも厄年でなかったから、知らずに使っていたのかもしれませんね。

 

ところが厄年なら話が違います。というのも一生のうちで1番運気が下がってしまう年。茶色の財布を持っているだけではダメです。

 

それは僕が身をもって知りました。
なぜなら事故にあったときに置き忘れた財布は、茶色でしたからね。今になって、もっと気をつけて財布を見つければよかったな…と、反省しています。

 

実はこのことを知ったのも、姪っ子に財布屋を紹介されたからなんです。
このお店は「白の財布」がたくさん販売されています。

 

白というのは土の色とは関係がありませんが、厄除けとして扱われる色。
つまり厄年に使う色として有名なんです。

 

蛇のようなうろこ状のデザイン

厄年に買う財布をチェックするなら、色だけでなく「素材」も見ておきましょう。
しかし素材といっても、わかりにくいかもしれません。
女性用ならいろいろありますね。
布製、エナメル調、最近は表面をデコったりするのも人気があるようですが、あれってどうなんでしょう?

 

厄年に使うなら、蛇の素材が1番理想です。

 

蛇というのは神獣として崇められてきた生き物です。
それを使った財布というのは厄払いにはうってつけです。ちなみに白蛇の財布だとさらに運気がアップします。

 

でも白蛇の財布を持っている人が言っていましたが、すごく高いらしいんです。
それは日本では天然記念物だから。
いくら厄年だからって、そこまで高い買い物はしたくありませんよね。

 

でも安心してください!安くおさえることだってできますよ。

厄年,財布,財布購入,買い替え

 


厄除け財布は高いのか?

 

今までの説明から高い財布にしないといけないと、思っている人がいるでしょう。
でも、高い財布を選ぶ必要はありませんよ。

 

財布屋で財布を変えて以来、なにも悪いことが起こっていない僕は、そこまで高い財布ではありません。
つまりポイントを押さえておけば、値段は関係ないといえるのです。

 

財布屋から学んだことを詳しく紹介しますね。

 

運気を上げたいなら高くなってしまう

最高に運気を上げて安心して厄年を過ごしたいなら、価格が高くなるのは仕方がないことです。

 

というのも風水からすると、自然界のものはエネルギーが溢れていることで革製品がおすすめされています。
よくテレビで風水の先生が、高そうな財布を持っているところを見ますが、あれが理想なわけです。

 

素材によったら高くない物がある

しかし誰もが高額なものに手を出せるわけではないですね。
自分で買うにも、良いものをできるだけ安価で買いたいですし、贈り物だったとしても気を使わせてしまうので、あまり高いものを貰ったらいい気がしません。

 

そんな時は蛇柄にデザインが似ていたら、素材なんて気にする必要もありません。
先ほどの白蛇の財布を探しているのなら、白色の蛇のウロコ柄にすればいいわけです。

 

要するに蛇柄にさえなっていればいいので、節約するならその方法を使いましょう。

 

 

厄年,財布,財布購入,買い替え


厄年には、女性も男性も財布を使うべき

 

財布は自分で買わず、他人から贈られたほうが金運アップには良いそう。
これは厄年の財布にも、あてはまるかもしれません。
これは、風水ではプレゼントしてくれた方の運気がもらえるからだといわれています。

 

よく世間的にいうとお金を管理しているのは、女性といいますから、女性に財布のプレゼントは問題なさそう。
では男性には、贈ってもいいのでしょうか?

 

これは問題ないでしょう。僕の財布は、財布屋で姪っ子が買ってくれたのですが、もらったときすごくうれしかったです。僕が言うのもなんですが(笑)
つまり財布であっても男性はよく使うので、気にする必要はないですよ。

 

むしろこだわりのない男性は、財布をボロボロになるまで使うかたも多いです。
そんなときに財布を貰ったら、嬉しくないわけがありません。

 

 

男性にも女性にも使える財布を扱っている財布屋で、厄年を安心して超えられる財布を、ぜひ探してみてください。 

 

 

金運がアップしたら無料のタダコイで、良運も手に入れて!


厄年,財布,財布購入,買い替え

更新履歴